【受験体験記】AI-900に合格しました。

AI-900 IT

こんにちは。こゆき(@yukilog00)です。

今回は「ときどきITのこと」のほうの記事です。
Microsoft Azure認定試験のひとつ AI-900に合格したので、体験記として残します。
勉強方法など今後受験する方の参考になれば幸いです。

AI-900とは?

Microsoft Azure認定試験のひとつです。
正式名称は「AI-900: Microsoft Azure AI Fundamentals」。

公式の試験ページには以下のように記載されています。

この試験の受験者は、機械学習 (ML) および人工知能 (AI) の概念と関連する Microsoft Azure サービスの基礎知識を持っている必要があります。

この試験は、一般的な ML および AI ワークロードの知識と、それらを Azure に実装する方法を示す機会です。

この試験は、技術的背景と非技術的背景の両方を持つ候補者を対象としています。 データ サイエンスとソフトウェア エンジニアリングの経験は必要ありませんが、プログラミングに関する一般的な知識や経験があれば好ましいです。

試験 AI-900: Microsoft Azure AI Fundamentals – Learn | Microsoft Docs

合格するとMicrosoft認定資格「Microsoft Certified: Azure AI Fundamentals」に認定されます。
Fundamentalsとある通り、初級レベルの認定です。

試験概要

受験資格: なし
出題形式: 多肢選択式
出題数:  不明(非公開?)
合格点:  700点(1~1,000点のスコアで採点)
試験時間: 60分
出題範囲: 公式ページ参照
 ※「試験スキルのアウトラインをダウンロード」から詳細を確認できます。
受験費用: 12,500円
試験日程: ー

勉強方法

受験前のスペックですが、G検定を取得済みだったため、機械学習の知識はある程度ありました。(G検定対策記事はこちら
なので、「Azureが提供しているAIサービスを覚える」「Microsoftの6つの原則を覚える」の2つが主に実施した勉強です。

使用したのは公式のラーニング パス
書籍は販売されていない(はず)のと、初級レベルということでUdemyの教材なども利用せず。
勉強時間は数時間でした。

用語の整理

勉強した用語の整理。気まぐれで追加していくかもしれません。

Microsoft の責任ある AI の基本原則

原則説明
公平性AI システムはすべての人を公平に扱う必要がある
包括性AI システムはあらゆる人に力を与え、人々を結びつける必要がある
信頼性と安全性AI システムは信頼でき安全に実行する必要がある
透明性AI システムは理解しやすい必要がある
プライバシーとセキュリティAI システムは安全であり、プライバシーを尊重する必要がある
アカウンタビリティAI システムにはアカウンタビリティが必要である

公平性と包括性が紛らわしいです。あと、透明性とアカウンタビリティも。

参考

受験した感想

合格点700点に対して865点と、割と余裕を持ったスコアで合格できました。
G検定を取得済みで機械学習の知識があったのが効いてます。

Azureのサービス名は覚える必要はありますが、サービスの使い方など詳細は問われないので、G検定やデータサイエンティスト検定などの勉強をした人なら少ない勉強時間で合格できる試験だと思います。

以上、AI-900の受験体験記でした。


その他の試験対策記事も書いています。興味のある方はどうぞ。

SAA(AWS Certified Solutions Architect)の合格体験記

AI-900(Microsoft Azure AI Fundamentals)の合格体験記

DP-900(Microsoft Azure Data Fundamentals)の合格体験記

システムアーキテクト(SA)の試験対策記事。

G検定(ジェネラリスト検定)の試験対策記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました